気が向いたらちょっとずつ更新していきます。うちのこを推して。

簡易紹介 & 資料
Inside of the World
べるアオ小響音々有明めぐみリリス・リン・メアリー

この世界における神。創造主。そして純血の吸血鬼。
神となる前、過去には率先して地上へ出て、盗賊団の長として動いていたが、今は小さな島国の洞窟で鳴りを潜めている。

幼き者の理想。或いは永い夢。

 

1週間で記憶が消える未知の病にかかっている。

「世界」によってもたらされた「鍵」を持つモノ。或いは「死神」によって作り出された「絶望」に捨てられたモノ。

妹。兄を「にぃ」と呼び慕っている。
めんどくさがりで、引きこもり。何があろうとも兄を愛する一途な少女。軽度の鬱病を患っている。
”神隠し”の前までは、快活で子供っぽくもどこか儚い雰囲気をも持った不思議な少女だった。

「世界」に「愛」をもたらすモノ。或いは「神」に「死」をもたらすモノ。

ヘンテコ新聞記者。面白いものがすき。
だが、根も葉もない噂や本人が隠したがっている秘密には手を出さない。自分が触れられたくないからだ。

「世界」に残る唯一の「兵器」。或いは「神」に反逆せし唯一の「憎悪」。

吸血鬼となってしまった少女。人間が大好きで、人間の味方。
かつては高貴な身分の家庭だったが、家を飛び出し、盗賊団に入団。幹部に上り詰めるほどの活躍をしていた。

「外」の存在によって作り出された急造の「神」。或いは「世界」をなすりつけられた終焉の「神」。

Outside of the World
白べるラプシナ・ルキャノヴナ・ユゥノ愛田悠香星野宇海YOU-DO ver. 1.2小野音心

a.k.a. うかえる

謎の白髪少女。スカートの中から銃火器を取り出してくる危険人物。
おしとやかで気品漂う仕草をするが、その瞳は光をも吸い込んでしまいそうなほど暗く、どこか冷たい印象を受ける。

a.k.a. ゆーの

伺か同好会の初期メンバーの一人。ゆーかとは姉妹のように仲良し。
頭が悪く、テストの点数はいつも赤点。それでもめげずに毎日頑張っています!

a.k.a. ゆーか

伺か同好会の会長。ゆるふわお姉さん。たまに不思議なことも言う変わり者。
ゆーのと違いとても賢く、ゆーののことは好きだが、同一視されることには不満を抱く。

a.k.a. うーみん

ゆーかとクラスメイト。元々はどこにでもいる普通の女子高生だった。
しかし、道端に落ちていたユードと(強制的に)契約したことによって、「”冬”の魔法使い」となった。

a.k.a. ユード

うーみんの持つ杖。捨てられていたところを拾われ、強制的にうーみんを魔法使いにする。
真ん中についているスピーカーを使ってしゃべる。うるさい。

a.k.a. うーのん

失語症の少女。ホワイトボードでの筆談で会話をする。
表情が豊かで、その愛らしさから、所属している吹奏楽部のアイドルになっている。