あつすぎるけど、べるちゃんはなんとかいきてます。

突然怪文書書いたりしてますけど、「いつものやつ」だと思ってください。ぼくの癖です。

最近ですね、将来界隈を裏で牛耳る闇のゴーストマスターになったときのために(?)設定に関する日記がわかりにくいと、ユーザが探すのに困るなって気づいたんですよ。これからは多少はわかりやすくしようね……。

というわけでタイトル通り。あたらしいゴースト(まだ制作とちゅう)の「有明めぐみ」ちゃんの紹介!

彼女は、日本でも知っている人はごくわずか、古臭い言い伝えとか怪しいんだか怪しくないんだかよくわからない宗教がありそうな小さな島、「星水島」の地方紙を書いている女性。

地方紙といっても、完全に趣味で勝手に作っているものである上、内容はどうでもいい噂を誇張表現したり記事や、(あらゆる方向に)過激な表現を使った記事ばかりの……ゴシップ誌の規模が狭すぎる版のようなもの?

要は一つの情報源と言うより、島民が笑いながら開いて、「お、あそこの夫婦まーた喧嘩したのか!」とか、「またあいつ俺の特集組んでやがる!今度こそ講義してやる!」ってやる新聞です。

ちなみに、この新聞は稀に本州のほうにも数枚程だけ流れることがあり、マニアの間では「幻の新聞」として高値で取引されているとか……。

また、嫌いなものに「噂」があるが、彼女が嫌いな噂は「人を貶めるような目的の悪い噂」で、島での噂を記事にするときは、なるべくその「悪い噂」の発信源にならないよう、かなり注意して書いている(つもりらしい)。そのおかげか、なんだかんだ今まで問題が起きたりしたことはない。

ゴーストの設定としては、【「都心での仕事に疲れ果てた<ユーザ>」が、生涯静かに暮らせるという現存の楽園「星水島」の新聞社で働くことになる】といったところ。

島の長と「新聞社で働いてくれれば格安でいい物件を譲り渡す」契約をしたとか、いい物件の正体は「新聞社の隣のボロ屋敷」で、一緒に働くことになる「有明めぐみ」の家の敷地内だとか、なんかいろいろ設定は考えてます。いつもどおり結構勢いで作ってるので設定がばがばです整合性とかは気にしないでください。

これとりあえず公開まで持っていけたら、更新できてない子たちの更新をメインにちょこちょこやりたいなー。公開したっきりの子とかいるのとてもよくない。ゆるゆるでいいんだろうけど、ちょっと焦ってしまうよね。

それじゃあ頑張って作ります……。


美少女!ロリっ子吸血鬼!あるいは神。

There are currently no comments.

CAPTCHA