サーバー入金忘れてサイト死んでましたが無事生きてます。にーとなのでおかねない

いま新しい子作ってて、その子のことここでほとんど話してなかったと思うんですけど、ここからもうちょっと真面目に、というか今までもまあまあ真面目だけど、ちゃんと設定とか練って作りたいなーって。

いままで勢いだけで二次ssとか書いてきたんですけど、それだとやっぱり気になるところとか、やっつけ感とか、見返すといろいろ恥ずかしい感じになってたので、ちゃんとやった!!!って感じの作りたいんですよね。

とかいいつつまだここは適当に書くので今のところの設定晒して置きます。設定というかお話しレベルなんですけど。

短文にまとめるのくそ苦手なのでくそ長いですが、興味あるかたはどうぞ。

「あなたはわたし、わたしはあなた。わたしはもうひとりの”しゅじんこう”」

吸血鬼によって”太陽を支配された”世界。

”リリス・リン・メアリー”は、人間たちが太陽を取り戻すために起こした戦争で絶滅したはずの吸血鬼の生き残り。

彼女は遥か昔に一つの国を統治してきた貴族の娘だったが、堅苦しい貴族の生活に嫌気が差し、窃盗や強盗などの犯罪を犯すようになる。

やがて、世界を旅しつつ高値のお宝を集めている盗賊団に腕を見込まれ、”与えられる”裕福な生活を捨て、”奪い取る”裕福な生活を始めることになる。

旅をしながらの盗賊としての活動は、貴族の娘として危ないものから守ってもらえるような生活と違い、危険で誰からも手助けをしてもらえなかったが、それが逆に彼女に自由と思える開放感を与え、入団前よりも活発に盗みをするようになる。

だが、吸血鬼による殺人などの被害が話題になるようになったある日、野宿をしているところを吸血鬼に襲われてしまう。不意を突かれたこともあり簡単に仲間は吸血鬼の餌食にされてしまった。

その頃の彼女は19歳。最年少で唯一とも言える女性だったために、殺されずには済んだものの、吸血鬼に連れ去られ、さんざん”おもちゃ”として遊ばれた後、自身も吸血鬼にされ捨てられてしまう。

それからの彼女は、平穏ではないものの充実していた生活を奪われ、信頼していた仲間たちも殺された憎しみで、襲ってきた吸血鬼に対する復讐のために生きるようになった。

最初こそひと目のつかないところにいる人間を襲って生きながらえていたが、人間の血でなくても(多少効率は下がるにしても)生きる糧にできることに気づいてからは、なるべく動物の血を吸うようになり、今も生きている人間から血を吸うことはしないようにしている。

自分なりに吸血鬼としての能力を研究し、使いこなし、情報を集め、かつて自分たちを襲った吸血鬼に復讐を果たす頃には、空は濃い雲に覆われ、そこら中には人間と吸血鬼の死体だらけ。後の”太陽戦争”が終わっていた。

復讐を果たし、達成感や忘れていた充実感も感じることはできたが、それもつかの間、仲間をなくし、家族ももう生きていないであろうこともあり、強い孤独を感じるようになった。

前のように窃盗を働くこともあったが、楽しむためではなく生きるための小遣い稼ぎ程度で、太陽を奪われ活気のなくなった街であてもなくさまよったり、酒場に居座って人間を眺めるだけの、つまらない生活をするようになった。

生きている意味もわからなくなってきたそのときに、一人の旅人が移住してくる。

死んだように生きる人間に流されることなく、久しぶりに”生きている”人間を見つけたことに、最初は軽い興味ではあったものの、たまたま話しかけられ、楽しそうに自分の旅の話をしてくれるその旅人に、かつてしていた自分の旅のような懐かしさを覚え、徐々に引き込まれていくようになる。

その旅人をもっと知りたいと思いはじめ、はじめて人に対する興味をもった自分に対して困惑もした。

しばらく毎日のように酒場で会話を続け、それが”恋”だと気づいた彼女は、ある日、その旅人の家に押し入り、自分の気持ちを伝え、旅人の答えを聞く暇も作らず強引に居候をはじめた。

これはおまけなんですけどスカイリムのドーンガードDLCのセラーナちゃんめちゃくちゃかわいくないですか?????????

リリスちゃんの設定ある程度練ったあとに出会ってお嬢様とか吸血鬼とかめっちゃ似てるところあるしそもそもリリスちゃんお嬢様口調の予定だったしこいつ~~~ってなりながらセラーナちゃんと世界を守りましたよすき。

太陽支配云々はスカイリムからです組み込んじゃったてへぺろ。

みんなもスカイリムで吸血鬼生活しましょうね。(ハンター側でセラーナちゃん人間にできるらしいけど吸血鬼好きすぎて吸血鬼にならないかって言われたら迷わずはい選んでしまってドーンガード側につけないバグ)

おまけおわり


美少女!ロリっ子吸血鬼!あるいは神。

There are currently no comments.

CAPTCHA